ABOUT

プロフィール

福田 玉庭

自身の作品創りを生涯の目標とし、
未来を担う子どもたちへ
この学びがささやかな贈り物となるよう
日々を誠実に健やかに、愛をもって過ごしていきたい。

 略歴

埼玉県出身
小1〜小6 近所の書道教室へ
大学卒業後、大手証券会社に入社
仕事をしながら
夜間に書道の専門学校(日本教育書道藝術院)とイラストの専門学校(セツ・モードセミナー)に同時に通い
書道と絵の道を目指す

日本教育書道藝術院所属
全国公募 東京書作展(文化庁後援)東京新聞賞等
東京書作展審査会員
同人展審査会員
支部連合審査会員

個展の開催、商業書道等
書道教室「書の庭」主宰(埼玉県越谷市、川口市東川口)
一男一女の母

 個展・受賞歴

小4 全国競書大会 毎日小学生新聞社賞(於:東京都美術館)
小5 全国競書大会 理事長賞 (於:東京都美術館)
2005、2006 東京書作展 特選、優秀賞(於:サンシャイン美術館)
2006 院内書初誌上展 本院生徒の部 大賞
2006 院内書作展 東京新聞賞 (於:銀座セントラル美術館)
2007 東京書作展 東京新聞賞、特選
2008 同人書作展 優秀賞 (於:国立新美術館)
2010 掛川市民芸術祭 協会会長賞 (於:二の丸美術館)
2014~東京書作展 依嘱出品
2015 院内書初誌上展 準 同人の部 優秀賞
2015 同人書作展 奨励賞(於:国立新美術館)
2016 院内書初誌上展 準同人の部 優秀賞
2016 同人書作展 優秀賞(於:国立新美術館)
2017 院内書初誌上展 準同人の部 優秀賞
2017 同人書作展 準同人の部 東京新聞賞(於:国立新美術館)
2018 同人書作展 同人の部 審査員特別賞(於:国立新美術館)
2019 同人書作展 無鑑査の部 審査員特別賞(於:国立新美術館)
2019 書初め誌上展 同人の部「少字数」優秀賞
2020 選抜作家展 東京新聞賞(於:銀座セントラル美術館)
2020 東京書作展 特別賞候補(於:東京都美術館)
2020 書初め誌上展 同人の部「漢字」特選
2021 同人書作展 大渓洗耳賞(於:国立新美術館)
2021 東京書作展 依嘱の部 特別賞候補(於:東京都美術館)
2021 書初め誌上展 同人の部 大賞
2022 同人書作展 審査員特別賞(於:国立新美術館)
審査会員の昇格
2022 東京書作展 依嘱の部 特別賞(於:東京都美術館)
審査会員の昇格
2022 書初め誌上展 同人の部 特選

 

【個展・グループ展】
2007 「妄想装画」イラスト (於:ゑいじう 東京・四谷三丁目)
2007 「3人展」イラスト (於:フレッシュネスバーガー 東京・曙橋店)
2009 「本の市」参加 イラスト (於:cafe yuzuri 埼玉・久喜)
2009 個展 「空には本」書道・イラスト (於:sora cafe 名古屋)
2011 個展 「佇い」書道 (於: 茶菓きみくら 静岡・掛川)
2012 個展「作品展」書道 (於:茶菓きみくら 静岡・掛川)
2015 書道教室「書の庭」作品展 「はじめての夏」 (於:POLUS中央グリーン開発株式会社様)
2016 書道教室「書の庭」作品展 「創る、未来」 (於:POLUS中央グリーン開発株式会社様)
2017 先生&生徒による作品展示 (於:Cafe803  埼玉県越谷市)
2018 まちかど書道展(合同出品)(於:cafe803 越谷市)
2019 書の庭作品展(於:cafe803 越谷市)

 

 商業書道・掲載メディア等

「ぎん六」店舗ロゴ
「いもんちゅ 別邸」店舗ロゴ
「ゆるり屋次郎」店舗ロゴ
お茶パッケージ商品ロゴ
和菓子「恵菓」店舗ロゴ

パレットプラザ 年賀状カタログ 筆文字  2007、2008 株式会社プラザクリエイト様
パレットプラザ 年賀状デザイン 2013             〃
郵便局EMS(国際スピード郵便) カレンダーイラスト
「かんたんラクラク年賀状」2013  インフォレストパブリッシング株式会社様
「かんたんラクラク年賀状」2014      〃
「筆まめ」2014  株式会社アスキーメディアワークス様
「特撰年賀状」2014 株式会社晋遊舎様
「特撰年賀状」2015    〃
「特撰年賀状」2016    〃
「和の趣  未どし版」2015 株式会社技術評論社様
「和の趣 申どし版」2016    〃
「Windows100%」2016.1 年賀状特集 株式会社晋遊舎様
「かんたん 和年賀状 酉どし版」 株式会社技術評論社様

【デザイン】
うちわデザイン 伏見上野旭昇堂様 2014・2015・2016
「福の庭」シリーズ 食器デザイン 前畑陶器株式会社様
「日々の力」2016年度 日めくりカレンダーデザイン SYD様
カラリオプリンター【PF-81】年賀状デザイン セイコーエプソン株式会社様
郵便局ネット/スマホで年賀状 申どし
郵便局ネット/スマホで年賀状 酉どし
郵便局ネット/スマホで年賀状 戌どし
郵便局年賀状 酉どし
ファミリーマート 年賀状 酉・戌・子・丑・寅~

銀座ITO-YA年賀状 酉どし
「年賀の王様」 戌どし
PRINTBOY様 年賀状カタログ 
カメラのキタムラ様
富士フィルム年賀状印刷
他多数

【掲載メディア】
「静岡維新」フリーペーパー
「smile ring」コラム掲載  ポラスグループ中央グリーン開発株式会社様
「わたしスタイルLABO」インタビュー
「creator 2015」  株式会社宣伝会議様
「Cafe Latte」 コラム掲載

 自己紹介

★好きなこと
一人旅
金沢、京都、
沖縄八重山諸島:石垣島、竹富島、黒島、鳩島、小浜島、西表島、波照間島(島で出会ったご家族と一緒に現地のおじいさんのお宅にお邪魔してご飯や泡盛をいただき、ヤギ小屋の屋根に寝そべって見上げた星空が美しすぎて感動!)
フランス:パリ~プロヴァンス(アヴィニョン、アルル、エクスアンプロヴァンス、リル・シュル・ラソルグ、リュベロン地方ゴルド、ルシヨン)~コート・ダ・ジュール(アンティーブ、ニース、エズ、モナコ、)~モン・サン・ミッシェル、ジヴェルニー、オーヴェル・シュル・オワーズ…
雑誌「FIGARO」で見たゴルドの景色に惹きつけられ、ゴッホの足跡を辿りたく、わずかな退職金を握りしめて渡仏。
美しい風景と光と空気と名画と対話しながらの1か月弱の時間は、英気を養い、心身を浄化してくれました!

★敬愛する人:ゴッホ、マイケル・ジャクソン、尾崎豊、小沢健二、寺山修司(敬称略)

★得意なこと:ブリッジでダッシュ(だった)、お年寄りの(長い)話を聞くこと

★苦手なこと:平泳ぎ(記録小学生の時7m→中学でバレー部顧問の特訓で100m泳いだ!けどその後やはり泳げず)、カラオケ(音が見事に外れるらしい)

 

~書道の道に行く着くまでのmy story~

(小中学生対象の書道教室をしている思い入れに触れたいのですが
うまくまとまっておらずです)

幼少の時は、おにごっこやかくれんぼが大好きで、よく転んで擦り傷の絶えない子でした。
よく遊びに行く公園の近くに「書道教室」の看板を見かけて
「行きたい」と行かせてもらったのが小1の後半。
墨のにおいと何も考えなくていい時間は心地よかったです。

埼玉県の公立学校でしたので、私の時代も硬筆展・書初め展はありましたが
今のように大事(おおごと)にはとらえていませんでした。
小3~中学まで、学年の代表に選ばれていましたが
通っていた書道教室で練習などなく、親は何事も干渉しないので
自力で書いていました。といっても、小3の時以外特にがんばって練習した覚えはありません。

「県展」にも出品されていて、鴻巣とか春日部とかに観に行った記憶もあります。
が、今でいうような県展の存在への認識はなく
県展で見る自分の作品は下手でした。やはり相応の対策練習が必要だったのだと今になってわかります。
生徒さんの方がよっぽど上手でたくさん練習しています。
で、そこで今でいう県展の何賞とかあったのかな~と記憶をたどっても思い出せず
数年かけてやっと、私の時代には特別賞は存在していなかったと知りました。
そんな感じで薄っすら。。

中学では、校内で一番厳しく運動量が多いバレーボール部に入り
これまで通っていた書道教室は、部活に専念するため、
というか、部活の休みが年に5、6日ほどしかなかったので実質的に通うことができず
中学生になってあっさり辞めました。(その団体内では学年トップ、次は特待生だったのでもういいかなという気もありました)
3歳から習っていたピアノも辞め、部活に全力を注ぎました。

部活は、朝練、放課後練、週1は放課後練習後さらに小学校へ行ってママさんバレーと練習、土日は主に練習試合のハードスケジュールでしたが、
小3から通っていた塾と両立しながら休まずがんばりました。
私たちの代で初めて県大出場程度でしたが、
強豪チームや高校生と練習をしたり、今思うと顧問の先生が色々対策をしてくださっていたのだなあと。

ハード練習への仲間の反発等色々ある中、真面目に取り組みながら、
個性豊かな仲間と面白おかしく、
がむしゃらにがんばること、我満強さ、恥を捨てる、周りに流されない等が身に付き、今の自分があると思います。
恩師に感謝しています。ユニークな仲間に恵まれたことも宝です。
そしてそれは、書道にもつながっていると思います。

この頃は、優等生に見られていた様だけど
自分の中では、多感ゆえの大きなコンプレックスのようなものをずっと抱えていて
誰にも気づかれないように一人で泣き、本音を言えないことが多くよく我慢をしていました。
小3か4の時、泣いてもしょうがないから悩むのをやめて笑おうと決め、
小5か6の時、自分を信じて好きになろうと決めました。

それを後々まで向き合い、自力で乗り越えてきたという経験が
私の礎となり、自信になりました。

だから、書道も絵もと模索する中、
二人目出産後のある時、子ども対象の書道教室で
「心を豊かに、自信を育むお手伝いをしたい」
とはっきり決めることができました。
子ども時代に色々な感情を抱き経験し、乗り越えてきたから
力になってあげられるのではと思ったのです。


部活引退後受験後は、今思えばいわゆる燃え尽き症候群のような、一気に気力が萎えてしまいました。

高校は部活がなく、勉強をというような高校で、何に励めばいいのか路頭に迷いました。
それでもスポーツ芸能コースのバレー部にお願いしてやってみようかと考えましたが
レベルが高すぎてすぐに諦めがつきました。

あまり意欲のない高校スタートでテストは悪く、
これまでは運動や書くこと創ることで自然と自分を表現できていたけど高校になるとそれがない・・・
勉強にも身が入らず、このまま落ちこぼれていくのかなと思いました。
ここでは自分の口で自分を出していくか、勉強をすることなのだなと思いました。
また、今までと違って放課後自由な時間がある・・・望んでいた時間なのかもしれないけど何をしたいいかわからない、
塾も何となく行きたいと言えない・・・
友達は違う世界を楽しむようになり、私は何を・・・

自分探しの長い道のりが始まりました。

たくさん、回り道、空回りをして、
社会人になってから大きな転機が訪れ
(神様からのご褒美だと思っています)
そういえば子どもの頃得意だった絵と書道を始め、絵と書道の道を目指しました。

仕事をしながら、夜間に書道と絵の専門学校に通う日々は(ちょっと着付けも)
1分も無駄にしたくないような時の流れで目まぐるしかったけど、自分の心に正直でいられることが新鮮で、楽しく充実していました。

徐々に、書道と絵を仕事にしていくことを目指しました。
書道なのか絵なのか、両方なのか、
作品をかき、ポートフォリオを作って営業したり、色々しました。

そんな最中、結婚、夫の転勤に伴い静岡へ。
仕事を辞め、書道も一旦退会し、静岡でも独自で仕事ができるように励みました。

3年間、静岡にいました。
いつまで静岡にいるのか、その後はどこにいくのか分からない、子どももほしいと望む中、
今できることを精一杯していました。

静岡で営業をしたり、どの地でも子供がいても仕事ができるように(結構立派な)ネットショップを作ったりしました。
静岡に引っ越して数か月後に名古屋で個展、
出産8か月後に掛川で個展もしました。

特に産後は、1年間、夜も2時間以上まとまって寝たことがなく
特別にわが子が非常に寝ない子だったのもあり、、
昼夜問わず、昼寝も4分(だったかな?)経ったら泣く、長くて40分しかまとまって寝ず、、
夜中もちょくちょく対応、2時間あやすこともよくありました。

それでも愛おしく大事に育てすぎてしまったのか?
毎度毎度愛をもって対応し、
さらに、個展も控えているし、自分のやりたいことをしたくて仕方がなかったので
日中も寝た隙に、制作したり作業したり、抱っこしながらネットショップやホームページを作ったりしていました。

今思うと恐ろしいです(笑)が
当時は、愛しいわが子と、自分のやりたいことへ意識が集中していたので
テンションが上がり疲れている実感は全くなく、楽しかったです。

美味しい食べ物や、自然に触れ、アートに触れ、人の温かさに触れ、
私も夫も、これまで東京で心身酷使してきたので
静岡での生活はとても貴重で必要な時間だったと思っています。

そんなこんなで
育児と自分の仕事つくりを両立しながら、目まぐるしい中、決して一つ一つが上手くいったわけではないけれど
前に進んでいこうとする日々を過ごしていました。

・・・略・・・

産後7年くらいは、子どもが夜も寝た隙にせっせと作業に勤しんでいました。
それでも夜中起きるので、仕事部屋と布団を行ったり来たりを繰り返していました。

二人目出産時は夫が1年だけ海外単身赴任中、実家に協力をしてもらっている間にせっせと作業を進め

その頃、ようやく「書道教室」と、「自分の書を探求すること」なのだとはっきりわかりました。

ずっと、書道か絵関係の何かを仕事にしたくて模索してきたけど

子ども対象の書道教室で「心を豊かに、自信を育むお手伝いをしたい」
「今の自分が想像できない書を生涯かけて書きたい」

と、気づくことができ、すっきりしました。

そうと決まったなら行動、

二人目が6か月の時に日本教育書道藝術院に復帰、
1歳4か月の時に書道教室を始め、
子育てと、書道の授業と公募展の作品制作と、書道教室と、商業書道の制作と、奮闘していました。

ただ、子育て真っ最中にも関わらず、わが子より教室の方に頭がいっていて
常に頭の中は教室で占めているようなところがあり(コロナで気づきました・・・)
幼稚園の面談でわが子にけっこうな問題があることを指摘されながらも

「自分の子より生徒さんのほうが心配です~」

なんて言って
先生が
え??な顔をされていたのを覚えています。。

自信のあった体力も、不調が出て徐々に自分の身体や子供との時間も大事にする必要があると考えるようにもなり
生徒さんもそこまで求めていないと気づいたりもし、、
コロナを機に、バランスよく進められるようになっています。

書道への熱い思いと、
長年培ってきた技術、成長したい技術、
多感だった経験からの子ども心への理解、
私自身が大人になって書道で救われた様に
生徒さんが大人になった時にこの書道教室での経験がちょっとした力になってほしいとの思い、
を胸に、

子どもよりは経験豊富な人生の先輩として
「その子自身の心と書の成長」を大事にしながら
書道を通じて豊かな心を育んでほしいと願っています。

書道教室は個人のペースで進めることができるので
全国コンクールでトップを受賞するお子様から
書くのは苦手だけど普段の字が上手くなりたいお子様まで通ってくださっています。

一人一人の個性を尊重しながら
褒めながら、技術力をぐんと!つけてあげられるよう、日々邁進しています。